多くの会社を確認

IT業界は依然として他業界と比べて勢いがあり、売上・従事者ともに世界的に増加しています。
一方で、人材不足という問題にもぶち当たっています。
エンジニアやプログラマーの存在が会社の成長を大きく左右するため、各社採用戦略にはかなりの投資をおこなっています。
一般的な求人紹介サイトの活用ももちろんありますが、今ではIT分野に特化した求人サイトも現れはじめています。
優秀なエンジニアは、一般的なサイトに掲載しただけでは採用することが出来ないため、専門サイトやリクルーターの利用がみられます。
また最近では人材不足を解消することを目的に、スクールとセットのサービスが出てきました。
IT未経験者を育成し、採用までをサポートするサービスです。

今までは人を採用する場合、多くの人にリーチするサイトへ掲載すれば一定数の人員を確保することが出来ました。
しかし、根本的にエンジニアが不足していること、また優秀な人は既に雇用されているなどからリーチ数を増やすだけでは集まらなくなってきています。
そこでIT専門の求人紹介サイトや、直接リクルートするようなサービスの活用が加速しています。
専門分野に特化することで、濃い情報が集まり、感度の高い求人者へリーチすることが可能になります。
またSNSと連動した求人サービスにおいては、人との繋がりや軽いランチ面談から採用に至るケースも出始めています。
このように、IT人材の採用は大手求人サイトによるマスの告知だけでなく、専門に特化し、直接リクルートするようなサービスへとうつりはじめています。